生きづらさを抱えたインディゴチルドレン

生きづらさを抱えたインディゴチルドレンや HSP の人たちの中には代謝障害という概念を持っていた方が良い人達がいるインディゴチルドレン HSP は発達障害とは違うのか今日の動画のテーマはこれですインディゴチルドレン HSP は発達障害の人たちの持っている症状や特徴とよく似ているところがあるため発達障害に間違われやすいですが発達障害とは違いますよとよく言われたりします今日はこの動画で発達障害とは違うとしてしまったことで生じるデメリットについて解説していきたいと思いますこの動画は心底生きづらさに悩んでいていた自分の池澤さんを本気でどうにかしたいと思っている人達が自分は発達障害ではないとしてしまったことで生じる一部デメリット紹介するためのものでつまりそれは逆を言えばあなたに発達障害つまり代謝障害という概念を取り入れる取り入れたならば改善の余地があるんですよということを伝えるための動画です発達障害と症状がよく似ているところがあるということについてなんですがこれは例えば感覚の過敏さ大きな音が苦手大きな音に敏感であったり触覚の過敏さ触覚の過敏さで言うといえばそばに人がいたりすぐ後ろに人が歩いてるのを感じるだけで強いストレスを感じてしまうこれが例えば短時間とか短期間であればそれほど問題はないんですが長期間ですね何週間何ヶ月何年とそういう状態が続くとちょっと精神的に参ってしまうこれが例えば学校であったり職場であったり遠くなったり転職を繰り返してしまうということにつながったりもしますよ彼にも集団や人混みが苦手あとはストレス体重が低い会など少女がかぶっているよく見ているところを持っていたりするということがありますけれど竜星杯とは違うとされてしまう理由の一つとして症状がまるで真逆になって現れるということが挙げられるのではないかと考えていますこれは例えば空気が読めないとか KY とか言われてしまいがちな発達障害のアスペルガー症候群と場の空気を読みすぎるくらいに読んで人の表情や顔色を伺って気を使いすぎて疲れてしまう磯 HSP 気質やインディゴチルドレンの人達ては少女はまるで麻薬ということになりますたからやっぱり発達障害とは違うよねという風にしてしまったのでは生きづらさを抱えている当の本人からすると何の解決にもなっていません間にインディゴチルドレンや HSP の人たちの中にわの空気を読みすぎるくらいで相手の表情や仕草を伺って対応することがあるため優しいように思われてあなたが発達障害なわけないよという風に思われてしまうし本人もまさか自分が発達障害だなんて思いもしないんですね周りからの評価とは裏腹に自分自身はとてもそういう自分に苦しんださを感じているということはよくあったりしますこれは発達障害の診断ということではなくて草を受け入れる受け入れたならどうしていくのかということを決めるのは本人が決めて行けば良い事だと私は思っているんですが自分に関係ない物って思ってしまいがちなんですが発達障害は対象外と言われていてこれは例えば神経伝達物質トランスポーターの減少であったり以上他にもホルモンバランスや神経回路の異常であったり扁桃体の覚醒であったり脳の前頭前野の血流の低下症昨日のこれはほんの一部なんですがこのようなことが挙げられていますつまりこれは全ての問題があるのではないかたくさん持っている複雑な働きをするのというものが 進歩によってもっと詳しくわかるようになったならば発達障害であったりインディゴチルドレンであったり HSP といったそれぞれの人たちの脳で起きてみその問題をもっと詳しく詳細には徹底診断していくことができる日も来るかもしれないんですが現在の医学でも発達障害ですがその全貌はまだ明らかになっていませんけれど発達障害の人たちがこう言ったので何らかの不具合が起きていると言われているのと同じように HSP やインディゴチルドレンの人たちの脳でも何らかの問題が起きているのではないかというように考えていることができるのではないでしょうかこれはあくまで例えばの話なんですが資格情報の処理をするときに例えば定型発達の人の多くがこの赤い矢印のような脳の働き方をするとしますけれど KY とされているような空気の音と場の状況や空気を読むのがあまり得意ではない人たちの脳の働きはこのようにオレンジ色の矢印に極端に違う働きをしているとしますけれど逆にあの状況や空気空間というのをよく読めてしまうような人たちの脳の働きがこの黄色いような野獣黄色の働き黄色の矢印のような働きをするとしているとしたしたならばやはりこの赤い矢印の人たちとはまるで違う働きをしているということになります